もしもの時のために。小動物たちに適切な災害の備えをご説明します。
新着情報 動画 「なまづや」は大阪 関目に実店舗のあるペットショップです。
ホーム災害に備えたペット対策

もしもの時の為に 災害の時、国はわたしたち人間の救助が優先となりますので 動物のためには動いてくれないことが多く、早くても3日から1週間は救助までに時間がかかります。 小動物たち・犬ちゃん・猫ちゃんを守るのは飼い主さんだけです。 そんな動物たちの為に飼い主さんが出来ることを書いてみましたのでご参考にどうぞ。

■救助にむかえるまでの1週間から2週間分のフードと水を用意してあげましょう。

(1kgほどの子で300mlから500mlの水が必要です)

■リードやハーネスには迷子札をつけておいてください。

■ゲージに飼い主の名前と居所を

ケージまたはキャリーケースには油性マジックで下敷きに飼い主さんの名前と居所を書いてヒモまたはガムテープなどで誰にでもわかるように張り付けておきます。

※キャリーケース(ウサギやフェレットはゲージの移動が大変なためキャリーを使います。プラスチックまたは網のキャリーを用意しておいてください。)

■避難所の中には生き物は連れて入る事ができません。

ゲージなどは屋外に置く事になるため、防寒用布、カイロ、フリース布、毛布などを用意しておいてください。

清潔に保つためペットシーツ・タオル・除菌剤・消臭剤等も持っていきます。

万が一、パニックなどにより脱走した場合のために、飼い主さんと一緒の写真を持っておいてあげて下さい。

■飲んでいる薬などがあればそれも一緒に忘れずに持って行ってあげて下さい。

できれば常に布袋等にいれたりして最低限はいつでも持ち出せるようにしてあげると安心です。

災害の際には物資も不足になり人間優先になりますのでなかなかペットの分を確保することは難しいことと予想されます。飼い主さんの準備や心構えが動物たちを救います。

ちゃんと救済はくるので、みすてないであげてください。

 

こんな情報は使う事が無い方がよいのですが、知らないよりは知っている方が良いかと思いまして書きました。

この度の震災で被災された方々、動物たち に一日も早く安心して過ごせる日が来ることを心より願っております。

ペット販売なまづや 一同

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス